2010年06月11日

玄葉氏、政調会長兼閣僚…蓮舫氏は行政刷新相(読売新聞)

 菅新首相は7日午前、閣僚・党役員人事の概要を固めた。

 新たに党政策調査会長に玄葉光一郎衆院財務金融委員長を起用し、公務員制度改革、少子化担当の閣僚と兼務させることが内定した。国家戦略相に内定していた荒井聰首相補佐官は消費者、経済財政担当を兼務する。蓮舫参院議員は行政刷新相に内定し、岡田外相ら11人は再任する。民主党新執行部は7日に発足する。菅氏は8日に組閣を行い、同日中に国民新党との連立政権を発足させる。

 菅氏は7日午前、都内のホテルで、官房長官に内定した仙谷由人国家戦略相、荒井氏らとともに、党役員・閣僚人事の最終調整を進めた。党幹事長には枝野幸男行政刷新相、国会対策委員長には代表選で菅氏に敗れた樽床伸二衆院環境委員長を充てることがすでに決まっている。

 民主党は7日夕から国会近くの憲政記念館で両院議員総会を開いて役員人事を承認する予定だ。その後、枝野氏らが記者会見を行う。

 蓮舫氏を行政刷新相に起用するのは、行政刷新会議の事業仕分けで取りまとめ役の一人を務めた同氏を新内閣の前面に押し出すことで、参院選に向けて、税金のむだ遣い一掃に取り組む姿勢をアピールする狙いがある。玄葉氏は、男女共同参画や、鳩山首相が提唱した「新しい公共」も担当する。

 参院枠の松井孝治官房副長官は再任する方向だったが、首相官邸の外交機能を強化するため、福山哲郎外務副大臣を充てることが内定した。衆院枠の官房副長官には古川元久内閣府副大臣が内定し、古川氏の後任には平岡秀夫衆院議員を充てる方向だ。

 幹事長代理には、小沢幹事長のもとで党運営の中枢に携わった細野豪志副幹事長を起用する。参院選を取り仕切る選挙対策委員長には安住淳衆院安全保障委員長の起用が内定した。安住氏は小沢氏と距離を置いており、選挙戦略でも「脱小沢」が進む可能性がある。このほか、副代表に山岡賢次国対委員長と石井一選対委員長を充てる。石井氏は、菅氏が本部長となる参院選対策本部長代理を兼務する。

両陛下、戦没・殉職船員追悼式に(産経新聞)
<名古屋市長>恒久減税案を提出 6月定例会で審議(毎日新聞)
スマートフォン向け接続サービスに障害 一時、通信できず(産経新聞)
樽床氏「衆院定数80削減を」 代表選出馬会見 (産経新聞)
<横浜・弁護士殺害>逮捕状の男は千葉・市川在住の41歳(毎日新聞)
posted by mww5spwaqu at 12:47| Comment(21) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。