2010年01月31日

温室ガス 政府、「条件付き25%削減」を確認(産経新聞)

 政府は、26日開催の地球温暖化問題に関する閣僚委員会で、1月末までに国連気候変動枠組み条約事務局に提出する2020(平成32)年までの日本の温室効果ガス削減目標について、「1990年比で25%削減」とすることを確認した。「公平かつ実効性のある温暖化対策の国際枠組みの構築」という条件を数値のただし書きに盛り込み、世界で最も厳しい削減目標の“旗”を維持する。

 鳩山由紀夫首相は閣僚委で、「25%削減は大変大胆な目標だが、米中などの主要排出国の背中をむしろ押して世界に頑張る姿をみせたい」とあいさつした。

 昨年12月の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)でまとめた政治合意文書「コペンハーゲン合意」を受け、先進国は削減目標、途上国は削減計画を期限までに提出することが求められていた。

 すでに日本政府は、「条件付き25%削減」を提出する方向で昨年12月に合意していたが、新興4カ国グループ「BASIC」(インドと中国、ブラジル、南アフリカ)が削減計画を期限までに提出するなど、温暖化防止に向けた次期枠組み交渉が前進する兆しがみえつつある現状を踏まえて、今回の確認にいたった。

【関連記事】
温室ガス半減、切り札は薪ストーブ!? 滋賀県が工程表
京都からコペンハーゲンへ
日本の温室ガス25%削減は変わらず 小沢環境相
温室ガス大幅削減求めデモ コペンハーゲンで3万人
ハンスト1カ月、温室ガス大幅削減訴え COP15会場でNGO女性

県警「ノーコメント」繰り返す=鳥取不審死(時事通信)
検察側冒頭陳述(下)「知能程度はむしろ高水準」 秋葉原殺傷初公判(産経新聞)
秋葉原事件初公判、検察側「無視した者への復讐」(読売新聞)
小沢氏の国会招致に消極的=鳩山首相(時事通信)
小沢氏進退「世論見て判断」=仙谷担当相(時事通信)
posted by mww5spwaqu at 09:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。