2010年05月15日

<日航機>大阪空港着陸時に尻もちで火花 けが人なし(毎日新聞)

 9日午後7時10分ごろ、新千歳発大阪(伊丹)行きのJAL2016便(ボーイング777−300型機、乗員乗客計371人)が大阪空港に着陸しようとしたところ、滑走路上に火花が散ったのを国土交通省大阪空港事務所の職員が発見。同機の尾部をこすったためで、同機はいったん離陸。約40分後に無事着陸した。乗員乗客にけが人はいなかった。

 滑走路を一時閉鎖したため、大阪空港に着陸予定だった羽田発JAL133便と秋田発JAL2178便は、関西国際空港に緊急着陸した。【苅田伸宏】

【関連ニュース】
青森空港:米軍機が緊急着陸 発着3便に影響
お誕生日新聞:JAL国内線でプレゼント
火山噴火:JALモスクワ便が成田到着 4日ぶりの欧州便
日本航空:路線撤退予定の自治体首長ら 存続求め要望活動
日本航空:衆院国土交通委が視察 早期退職達成見通し示す

大阪ブドウもう一度 大阪・羽曳野・駒ケ谷地区 復権へ耕作放棄地を再生(産経新聞)
ひとときの“蜜月”演じる 橋下知事と平松市長、笑顔でパレード(産経新聞)
「次女の看病の心地よさ」から犯行へ 点滴混入事件(産経新聞)
検察の判断に言及せず=鳩山首相(時事通信)
普天間、5月決着断念=地元、米との合意困難−政府(時事通信)
posted by mww5spwaqu at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。